論文採択

2011年4月から2016年3月まで博士研究員として在籍していた村山綾さん(現・近畿大学国際学部特任講師)を第1著者とする下記の論文がSocial Justice Research誌に掲載されることが決まりました.

Murayama, A., & Miura, A. (in press).
Two types of justice reasoning about good fortune and misfortune: A replication and beyond.
Social Justice Research.

詳細は,村山さんのWebサイトをご覧下さい.

また,これに関連する研究発表を,IACCP2016(8月2日・愛知県名古屋市)で行いました.

Murayama, A., & Miura, A. (2016). Is misfotune a result of past misdeeds or compensated for in the future? The 23rd International Congress of  International Association for Cross-Cultural Psychology (IACCP2016). (2016.7.30-8.3 Nagoya, Japan).

詳細は,村山さんのWebサイトをご覧下さい.

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です