論文刊行

『社会心理学研究』第32巻2号に掲載予定の以下の論文が,J-Stageで早期公開されました.正式(冊子体)刊行は2016年11月の予定です.

三浦麻子・小林哲郎 (2016). オンライン調査における努力の最小限化(Satisfice)を検出する技法:大学生サンプルを用いた検討. 社会心理学研究, 32(2).

本研究の目的は、オンライン調査における努力の最小限化(Satisfice; 調査協力者が調査に際して応分の注意資源を割かない行動;Krosnick(1991))が、大学で研究者から依頼された調査に回答する大学生サンプルでどの程度生じるのかを多様な指標で測定して検討するとともに、努力の最小限化傾向を示す個人をなるべく効率的かつ正確に検出する有効な技法を探索することである。9大学で実施したオンライン調査の結果、各種検出指標の予測力は総じて高くなかった。また、測定法の差異によりオンライン調査モニタとの直接比較はできないが、大学生サンプルの努力の最小限化傾向は全般的に低かった。大学生サンプルを対象とする際は努力の最小限化傾向の検出に「躍起になる」必要はなく、むしろ調査内容によって回答環境を制御することの方が重要であると考えられる。

キーワード:努力の最小限化(Satisfice)、オンライン調査、大学生サンプル、Lasso

調査マテリアルや分析スクリプトなどのオンライン資料は→こちら(Study 3)からダウンロード可能です.
関連論文
Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+