論文が公刊されました

下記の論文が『心理学評論』で刊行されました.

三浦麻子 (2018). 社会の声を聴く,社会に声を届ける:心理学と社会のコミュニケーション. 心理学評論, 60(4), 285-294.

In this paper, the state of communication between psychology and society were discussed from both aspects of psychology receiving information from society (data collection) and psychology transmitting information to society (science communication) using actual practices by the author. Concerning receiving information from society, social psychology research on Internet communication that analyzed real-world data (i.e., posts on blogs, social media, and other online communication forums) was introduced, and the significance of using actual data was demonstrated. Concerning transmitting information to society, practical examples of science communication as an initiative to channel back scientific findings to society (i.e., creating press releases and science news articles) was introduced. In addition, current issues and the necessity of the open science movement were discussed.

Key words: real-world data, open data, social media, science communication, open science

本稿では,まず,著者がこれまでに手がけてきた研究テーマのうち,インターネット・コミュニケーションに関するものを取り上げて,著者ばかりではなくこれまでの心理学者たちが,どのような形で社会の声を聴き,どのような成果を得たかを概説する。次に,自らの研究ばかりではなく,広く心理学の知見を研究者からの声として社会に届ける活動として,どのような実践をしているかを紹介する。こうした双方向のコミュニケーションの意義と発展可能性をふまえながら,心理学の社会貢献の可能性について考察する。

「社会のための心理学」特集号の依頼論文です.お声がけくださった原田悦子先生,どうもありがとうございました.当該特集号の目次は以下のとおりです(クリックすると拡大します).

J-STAGEでの公開は1年のembargoがあるためしばらく先となります.ご関心をお持ち下さる方はご一報下さい.