「心理学ベーシック」シリーズ刊行開始

北大路書房より「心理学ベーシック」シリーズの刊行が始まります.心のはたらきを科学的に見つめるまなざしを養い,「自らの手で研究すること」に力点をおいた全5巻のシリーズです.

◎シリーズ監修 三浦 麻子◎
第1巻 なるほど! 心理学研究法 三浦麻子 著
第2巻 なるほど! 心理学実験法 佐藤暢哉・小川洋和 編著 2017年秋刊行予定!
第3巻 なるほど! 心理学調査法 大竹恵子 編著 2017年秋刊行予定!
第4巻 なるほど! 心理学観察法 佐藤 寛 編著 2017年秋刊行予定!
第5巻 なるほど! 心理学面接法 佐藤 寛 編著 2018年春刊行予定!

第1巻『なるほど!心理学研究法』は,5月10日発売予定です.鮮度の高い事例や普遍的なハウツーを盛り込みながら,どの研究法にも共通する基盤的知識を解説しています.研究倫理も手厚く扱っています.実証に基づく科学としての心理学が「なるほど!」と理解できて,もっと研究したくなる入門書です.

こちらにサポートサイトを開設しました.読者の方々が,より詳しく幅広く学ぶための様々なサポート情報を提供します.

目次

「心理学ベーシック」シリーズ刊行にあたって
はしがき

序章 心理学とは何か

―第1部 心理学を「研究する」ということ―
第1章 心理学のなりたち:心理学史
第2章 研究の準備:心理学研究の基礎知識
第3章 研究の準備:先行研究の探し方

―第2部 心を「測定する」ということ―
第4章 研究の基礎:研究法概説
第5章 研究の基礎:人間を対象とする測定における諸問題
第6章 データの中身を知る:記述統計
第7章 データから対象を見通す:推測統計

―第3部 研究を「公表する」ということ―
第8章 研究倫理:研究者として「なすべきこと」
第9章 研究倫理:研究者として「やってはいけないこと」
第10章 研究倫理:モラル違反を抑止するシステム
第11章 研究成果の公表:心理学論文の書き方
[付録] 心理科学実験実習 レポート作成 チェックリスト
終章 よりよい心理学研究のために

引用文献/索 引

『実験社会心理学研究』編集長を拝命しました.

本日より日本グループ・ダイナミックス学会の機関誌『実験社会心理学研究』編集長を拝命しました.任期は2年間です.
副編集長の石井敬子先生と共に,国内研究の醸成・活性化を目指して,高いレベルの質とアクティブさを追究するべく取り組みます.

『実験社会心理学研究』J-Stageサイト