「裏から読んでも心理学」をまとめてみた

裏から読んでも心理学(平石界先生)

日本心理学会発行の季刊誌「心理学ワールド」の連載.各回テーマを絞り,研究の背後にある流れ,論文の行間に現れる研究の楽しさや苦労なども含めて,研究者の”心”が見えてくるようなエッセイ.平石先生の軽妙な筆致と,その行間に現れる深い見識の両方を楽しめます.そして,実は平石先生のWebサイトには毎回「裏の裏」が…果たしてそれは「表」なのでしょうか?いや,表に出てるのが裏なんだから裏の裏は…?このページでは,この連載+言及されている論文+裏の裏をまとめています.

平石さんの素敵なエッセイは,京都大学こころの未来研究センター「こころ学」でも連載されていました.そのアーカイブはこちらからご覧いただけます.

また「心理学ワールド」他の記事についても,連載ごとに集約した+私が関わったコンテンツへのリンク集「よりぬき「心理学ワールド」」を作成しています.


超能力ってどうなんでしょうか? | 加齢臭が気になります。鳥になりたい。 | 愛は地球を救いますか。 | 働けど働けど我が暮らしが楽になりません。 | どうしたら英語ができるようになりますか。 | あの時をやり直せたら。 | 正しく生きたいのです。 | 人目が気になります。美しくなりたい。 | 背が高くなるにはどうしたらいいですか。 | 継続は力ですよね。 | 宝くじが当たったら何をしたいですか? | 安全第一。愛ってなんでしょうか。 | 喧嘩の売り方を教えて下さい。(17.4オンラインPDF公開予定)



第76号(2017年1月号)

喧嘩の売り方を教えて下さい。

最初に見たのはScienceの記事でした。「表情――恐怖とか――は思っているほど普遍的じゃないかもしれない」というタイトルの上に,目のクリッとした女の子が,その目をさらに大きく見開いて,口をあんぐりと開けている表情を…

Ekman, P., & Friesen, W. V. (1971). Constants across cultures in the face and emotion. Journal of Personality and Social Psychology, 17(2), 124-129. doi:10.1037/h0030377

Crivelli, E., De Mooij, R., & Keen, M. (2016). Base erosion, profit shifting and developing countries. FinanzArchiv: Public Finance Analysis, 72(3), 268-301. 10.1628/001522116X14646834385460

裏の裏



第75号(2016年10月号)

愛ってなんでしょうか。

専門が専門ですから「進化」という言葉には敏感です。「オリンピック選手が進化した!」とか言われるともうね。それで前に,新聞記事で「進化」がどのように使われているのか数えたことがあります。結果,夏場の進化大発生が判明。なぜって恐竜。…

Wilkinson, A., Mandl, I., Bugnyar, T., & Huber, L. (2010). Gaze following in the red-footed tortoise (Geochelone carbonaria). Animal cognition, 13(5), 765-769. doi: 10.1007/s10071-010-0320-2

Kis, A., Huber, L., & Wilkinson, A. (2015). Social learning by imitation in a reptile (Pogona vitticeps). Animal cognition, 18(1), 325-331. doi:10.1007/s10071-014-0803-7

…試しにDr. Anna Wilkinsonで画像検索してみましょうか。

裏の裏(愛こそすべて)



第74号(2016年7月号)

安全第一。

名は体を表すといいますが,研究の世界でもときどきあります。ヒトのオスメス関係についての有名な論文の著者がLovejoy博士だったり,心理統計の大家が●桝算●先生だったり…

Taylor, M. & Scuffham, P. (2002). New Zealand bicycle helmet law—do the costs outweigh the benefits? Injury Prevention, 8, 317-320. doi:10.1136/ip.8.4.317

Gamble, T., & Walker, I. (2016). Wearing a bicycle helmet can increase risk taking and sensation seeking in adults. Psychological Science, 27, 289-294. doi: 10.1177/0956797615620784

裏の裏


第73号(2016年4月号)

宝くじが当たったら何をしたいですか?

大学生活で少なからぬ位置を占めるのがゼミ。教員からすれば,ゼミの良し悪しは,教員の主効果より本人の主効果のほうが大きいような気もしますが,学生にとってはどのゼミに入れるかは一大事だったりしますよね。…

Jordan, L. A., Maguire, S. M., Hofmann, H. A., & Kohda, M. (2016, January). The social and ecological costs of an ‘over-extended’phenotype. Proceedings of the Royal Society B, 283, 20152359.  doi: 10.1098/rspb.2015.2359

Schaedelin, F. C., & Taborsky, M. (2006). Mating craters of Cyathopharynx furcifer (Cichlidae) are individually specific, extended phenotypes. Animal Behaviour, 72, 753-761. doi: 10.1016/j.anbehav.2005.11.028

Miles, A. J., & Madden, J. R. (2002). Bower location by the spotted bowerbird (Chlamydera maculata). Emu, 102, 187-193. doi: 10.1071/MU00039

裏の裏


第72号(2016年1月号)

継続は力ですよね。

授業中に,学生時代を思い出して恥ずかしくなることがあります。例えば初級統計の講義。…

Dunlop, B. W., Thase, M. E., Wun, C. C., Fayyad, R., Guico-Pabia, C. J., Musgnung, J., & Ninan, P. T. (2012). A meta-analysis of factors impacting detection of antidepressant efficacy in clinical trials: the importance of academic sites. Neuropsychopharmacology, 37, 2830-2836. doi: 10.1038/npp.2012.153

Tuttle, A. H., Tohyama, S., Ramsay, T., Kimmelman, J., Schweinhardt, P., Bennett, G. J., Mogil, J. S. (2015). Increasing placebo responses over time in U.S. clinical trials of neuropathic pain. Pain, 156, 2616-2626. doi: 10.1097/j.pain.0000000000000333

裏の裏


第71号(2015年10月号)

背が高くなるにはどうしたらいいですか。

次のお電話は第六小学校四年生の揚羽蝶子さんです。…

Weiss, M. R. (1997). Innate colour preferences and flexible colour learning in the pipevine swallowtail. Animal Behaviour, 53, 1043-1052. doi: 10.1006/anbe.1996.0357

Yoshida, M., Itoh, Y., Ômura, H., Arikawa, K., & Kinoshita, M. (2015). Plant scents modify innate colour preference in foraging swallowtail butterflies. Biology letters, 11, 20150390. doi: 10.1098/rsbl.2015.0390 (文中 Yamada et al. は誤記)

Kandori, I., Yamaki, T., Okuyama, S. I., Sakamoto, N., & Yokoi, T. (2009). Interspecific and intersexual learning rate differences in four butterfly species. Journal of Experimental Biology, 212, 3810-3816. doi: 10.1242/jeb.032870

裏の裏


第70号(2015年7月号)

美しくなりたい。

ドブネズミです。美しさの秘訣ですか?やはり「人にやさしく」,これに尽きるのではないでしょうか。…

Nakashima, S. F., Ukezono, M., Nishida, H., Sudo, R., & Takano, Y. (2015). Receiving of emotional signal of pain from conspecifics in laboratory rats. Royal Society Open Science, 2, 140381. doi: 10.1098/rsos.140381

Sato, N., Tan, L., Tate, K., & Okada, M. (2015). Rats demonstrate helping behavior toward a soaked conspecific. Animal cognition, 18, 1039-1047. doi: 10.1007/s10071-015-0872-2

Bartal, I. B. A., Rodgers, D. A., Sarria, M. S. B., Decety, J., & Mason, P. (2014). Pro-social behavior in rats is modulated by social experience. Elife, 3, e01385. doi: 10.7554/eLife.01385

裏の裏


第69号(2015年4月号)

人の目が気になります。

ひょっとしてお気づきの方もあるかもしれませんがメガネにしました。…

Perfect, T. J., Wagstaff, G. F., Moore, D., Andrews, B., Cleveland, V., Newcombe, S., … & Brown, L. (2008). How can we help witnesses to remember more? It’s an (eyes) open and shut case. Law and Human Behavior, 32, 314-324. doi:10.1007/s10979-007-9109-5

Kyriakidou, M., Blades, M., & Carroll, D. (2014). Inconsistent findings for the eyes closed effect in children: the implications for interviewing child witnesses. Frontiers in Psychology, 5:448. doi: 10.3389/fpsyg.2014.00448

Osawa, H. (2014, October). Emotional cyborg: Complementing emotional labor with human-agent interaction technology. In Proceedings of the second international conference on Human-agent interaction (pp. 51-57). ACM. doi: 10.1145/2658861.2658880

裏の裏


第68号(2015年1月号)

正しく生きたいのです。

多摩川の神さまは,近ごろ北国から引っ越してきて興味津々。…

Yamagishi, T., Li, Y., Takagishi, H., Matsumoto, Y., & Kiyonari, T. (2014). In Search of Homo economicus. Psychological Science, 25, 1699-1711. doi: 10.1177/09567976145380

裏の裏


第67号(2014年10月号)

あの時をやり直せたら。

足がつったことってありますか。いえね,別に足つって好機を逃したあの瞬間をやり直したいとか,そういう話ではないのです。…

Friedman D, Pizarro R, Or-Berkers K, Neyret S, Pan X and Slater M (2014) A method for generating an illusion of backwards time travel using immersive virtual reality—an exploratory study. Frontiers in Psychology, 5:943. doi: 10.3389/fpsyg.2014.00943

裏の裏


第66号(2014年7月号)

どうしたら英語ができるようになりますか。

今の職場で仕事を始めてはや3年目になります。ということは講義も3年目。同じ話を三度目となるとさすがに飽きてくるんですね。…

Bargh, J. A., & Shalev, I. (2012). The substitutability of physical and social warmth in daily life. Emotion, 12, 154-162. doi: 10.1037/a0023527

Donnellan, M. B., Lucas, R. E., & Cesario, J. (2014). On the association between loneliness and bathing habits: Nine replications of Bargh and Shalev (2012) Study 1. Emotion, 15, 109-119. doi: 10.1037/a0036079

裏の裏


第65号(2014年4月号)

働けど働けど我が暮らしが楽になりません。

かねがね福沢先生の迷子には困らされてきたんですが,最近分かりました。あの先生,変身しますね。…

DeVoe, S. E., House, J., Zhong, C-B. (2013). Fast food and financial impatience: A socioecological approach. Journal of Personality and Social Psychology, 105, 476-494. doi: 10.1037/a0033484

裏の裏


第64号(2014年1月号)

愛は地球を救いますか。

娘がピアノを習っています。なんて高尚な!と思われるでしょうが,先日もらってきた課題曲のタイトルを見てたまげました。…

Xygalatas, D., Mitkidis, P., Fischer, R., Reddish, P., Skewes, J., Geertz, A. W., Roepstorff, A. & Bulbulia, J. (2013). Extreme Rituals Promote Prosociality. Psychological Science, 24, 1602-1605. doi: 10.1177/0956797612472910

裏の裏


 第63号(2013年10月号)

鳥になりたい。

ハトですこんにちは。お気持ちわかります。鳥生活いいですよ。…

Witt, J. K., Linkenauger, S. A., & Proffitt, D. R. (2012). Get me out of this slump! Visual illusions improve sports performance. Psychological Science, 23, 397-399. doi: 10.1177/0956797611428810

Nakamura, N., & Watanabe, S., & Fujita, K. (2008). Pigeons perceive the Ebbinghaus-Titchener circles as an assimilation illusion. Journal of Experimental Psychology: Animal Behavior Processes, 34, 375-387. doi: 10.1037/0097-7403.34.3.375.

裏の裏


第62号(2013年7月号)

加齢臭が気になります。

学生からしばしば年齢をきかれるのですが,なんでそんなに人の年齢が気になるの?…

Mitro, S., Gordon, A. R., Olsson, M. J., Lundström, J. N. (2012). The smell of age: Perception and Discrimination of body odors of different ages. PloS one, 7, e38110. doi:10.1371/journal.pone.0038110

裏の裏


第61号(2013年4月号)

超能力ってどうなんでしょうか?

どうなんでしょうね。念力とか読心術とか。本当なんでしょうか。気になったら調べてみる。これが科学の基本です。…

Bem, D. (2011). Feeling the future: Experimental evidence for anomalous retroactive influences on cognition and affect. Journal of Personality and Social Psychology, 100, 407-425. doi: 10.1037/a0021524

Ritchie, S. J., Wiseman, R., & French, C. C. (2012). Failing the future: Three unsuccessful attempts to replicate Bem’s ‘Retroactive facilitation of recall’ effect. PloS one, 7, e33423. doi: 10.1371/journal.pone.0033423

Galak, J., LeBoeuf, R. A., Nelson, L. D., & Simmons, J. P. (2012). Correcting the past: Failures to replicate psi. Journal of Personality and Social Psychology, 103, 933-948. doi: 10.1037/a0029709

裏の裏


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+