平井(2016)

平井啓
心理学研究におけるリサーチデザインの理想
Ideals of research design in the Japanese psychological research
【論文PDF】

From my academic experience of research design in a clinical study carried out in the interdisciplinary area of health psychology, social psychology and clinical medicine, I discussed reproducibility and the “ideals” of research design in the Japanese psychology research. To realize “ideals” of research design in psychological research to reveal the universal nature of psychological phenomenon as a complex and probable one, it will be needed to establish a robust theory through the considerable theoretical studies, critical discussions, and experiments and surveys based on small hypotheses as the demonstration, and conduct an empirical study using experimental design after registration for psychological research registry, in which researchers should disclose their research design including estimated effect-size and calculated sample-size in advance.

Keywords: reproducibility, research design, research question, study protocol, effect-size, sample-size, research registry

健康心理学・社会心理学と臨床医学の学際領域での筆者の行った臨床研究におけるリサーチデザインの経験から,心理学研究における再現可能性と心理学研究におけるリサーチデザインの「理想」について論じた。複雑かつ確率的に生じる心理現象を明らかにする心理学研究におけるリサーチデザインの「理想」として,まず,十分な理論研究と批判的議論を行なうこと,同時に理論を小さい仮説に落とし込んだ複数の研究のデモンストレーションを積み上げて理論の頑健性を高めることが重要であり,理論を実証する実験デザインによる研究を,検定力推定とサンプルサイズ決定を含む研究計画の事前登録制度の下に行なう。そして得られた結果から,研究テーマとなった心理現象の普遍的真理を推論する一連のリサーチデザインを提案した。

キーワード:再現可能性,リサーチデザイン,リサーチ・クエスチョン,研究計画,効果量,サンプルサイズ,事前登録制度
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someonePrint this pageShare on Google+0