武田(2016)

武田美亜
再現可能性の問題から始める心理学研究の「バックヤードツアー」
Let’s start a “back yard tour” of psychological science from reproducibility problem: Comment from a viewpoint of science communication
【論文PDF】

Given the reports about OSC (2015) by mass media, the news that 60% of published psychological findings in some limited area didn’t be replicated may causes unduly reduce public trust in the whole psychology. From the viewpoint of science communication, however, we can promote public understanding of psychology by means of reproducibility problem. Moreover, we may be able to talk about scientific method of other research area. It will be a great contribution to public understanding of science. We should not only refer to the dark side of reproducibility problem but also have future prospect when we do work on our research and science communication.

Key words: reproducibility, science communication, mass media, public, reliability

OSC(2015)の研究成果に関するマスメディアの報道を見ると,限られた領域ではあるが公刊された心理学研究の再現性が見られなかったという報告が心理学全体に対する市民の信頼を不当に下げた可能性があるように見える。しかし,科学技術コミュニケーションの観点から考えると,再現可能性の問題をきっかけに市民に科学としての心理学への理解をより深めてもらうことができる可能性がある。さらに科学的研究全体についての科学技術コミュニケーションも行ないうる。再現可能性問題の深刻さを嘆くばかりでなく,心理学の将来展望を持って研究および科学技術コミュニケーションに取り組むべきである。

キーワード:再現可能性,科学技術コミュニケーション,マスメディア,市民,信頼
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someonePrint this pageShare on Google+0