森口(2016)

森口佑介
発達科学が発達科学であるために:発達研究における再現性と頑健性
Developmental Science: Replicability and robustness in developmental studies
【論文PDF】

Replicability and robustness in psychological research have been questioned. However, few researchers addressed the issue in developmental science. In this article, I argued replicability and robustness in developmental science. Two examples were reviewed. First, I introduce experiments on infant and young children. Several factors may affect the results of the experiments, and therefore replications may be difficult in the field. The ManyBabies project was launched to resolve the issue. Second, I introduce longitudinal research that examines long-term developmental trajectory. Longitudinal research may cost time and money, and therefore robustness rather than replicability may be assessed. Finally, I argue the situation in domestic developmental science, and propose that more efforts should be done to improve reliability in developmental research.

Key Words: developmental science, replicability, robustness, infants and young children, longitudinal studies

心理学研究において,研究の再現性や頑健性が大きな問題になっている。しかしながら,発達科学領域ではこれらの点はほとんど議論されていないのが現状である。本論文では,発達科学における研究の再現性と頑健性の問題を論じる。特に,2つの例を紹介する。まず,乳幼児を対象にした実験研究である。これらの実験の結果には様々な要因が影響を及ぼすため,追試は容易ではない。この点を解決するために,現在ManyBabiesプロジェクトが始動している。2つ目は,長期間の発達プロセスを調べる縦断研究である。縦断研究は多大な研究時間や資金を要するために,再現性よりも頑健性を評価した方がいいかもしれない。最後に,国内の発達科学の状況を紹介し,発達研究において研究の信頼性を高めるために,より努力をするべきだと提案したい。

キーワード: 発達科学,再現性,頑健性,乳幼児研究,縦断研究
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someonePrint this pageShare on Google+0