山田(2016)

山田祐樹
認知心理学における再現可能性の認知心理学
Cognitive psychology for reproducibility
in cognitive psychology
【論文PDF】

Several studies on scientific replication and meta-analytic approaches have pointed out the issue of low reproducibility or low effect size in psychology and related fields. Here, the author raised not only problems generally underlying fields (e.g., questionable research practices and misconducts) but also problems specific to cognitive psychology. Reproducibility or effect size of experimental studies has gathered little attention from researchers in cognitive psychology. In addition, the lack of cognitive studies on researchers in cognitive psychology is related to the disregard for motivational factors on the reproduction/replication problems. Based on the understanding of these issues, the author discusses how future cognitive psychology can overcome them.

Keywords: reproducibility, replication, personality, motivation, cognitive bias, prediction market

追試やメタアナリシスを扱う多くの先行研究が,心理学とその関連領域においてその低い再現率や効果量の問題を指摘してきた。筆者は本稿において,疑わしい研究行為や不正行為などのあらゆる研究領域に共通する問題だけでなく,認知心理学特有の問題について議論する。まず,認知心理学では研究結果の再現可能性や効果量の問題がほとんど注目されていないことが示唆された。さらに,認知心理学の研究者の認知過程に関する研究はほとんどなされておらず,それが再現可能性問題や追試不足における動機づけの要因への軽視につながっていることを指摘する。こうした問題の理解をもとに,認知心理学が今後どのようにしてこの種の問題を解決していくかについて議論を行う。

キーワード:再現可能性,追試,パーソナリティ,動機づけ,認知バイアス,予測市場
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Email this to someonePrint this pageShare on Google+0