村井・橋本(2018)

統計的仮説検定を用いる心理学研究におけるサンプルサイズ設計

村井潤一郎橋本貴充

【論文PDF】

統計的仮説検定についてはこれまで多くの問題点が指摘されてきたが,現実にはほとんどの心理学研究が統計的仮説検定を用いている。著者らは,この現状は少なくとも近い将来には変わらないと考える。ベイズ的アプローチに移行する前に,統計的仮説検定を用いる心理学研究においてすべきことがいくつかある。中でも,サンプルサイズ設計は特に重要である。有意な結果が得られるか否かは,現実的には主にサンプルサイズに依存し,サンプルサイズ設計が必要不可欠であることについて何度も指摘されてきているものの,心理学研究におけるサンプルサイズ設計は稀である。大部分の心理学研究が基本的には統計的仮説検定の有意性に依存しているので,心理学者はデータ収集前にサンプルサイズ設計をすべきである。心理学研究におけるサンプルサイズ設計の現状について示し,関連するトピックについて議論し,サンプルサイズ設計の重要性を論じ,統計的仮説検定を用いる心理学研究におけるサンプルサイズ設計の今後の方向性について述べた。

キーワード:サンプルサイズ,サンプルサイズ設計,統計的仮説検定,心理学研究,効果量,検定力,信頼区間