清水(2018)

心理学におけるベイズ統計モデリング

清水裕士

【論文PDF】

本論文では、心理学においてベイズ統計モデリングの有用性について、伝統的な心理学の方法論との比較を通して論じることを目的とした。まず、ベイズ統計モデリングの「ベイズ」とは何をさすのかについて論じた。次に、ベイズ統計モデリングの「統計モデリング」について解説し、これまでの伝統的な心理学の方法論との違いを示した。続いて、統計モデリングと確率的プログラミング言語の関係について解説し、その利点を論じた。そして、ベイズ統計モデリングが心理学にもつメリットとして、行動の生起メカニズムを明らかにし、それを予測できること、心理的特徴をより妥当に・正確に推定できること、そして分析結果の透明性と再生性を高めることになることの3つを挙げた。最後に、ベイズ統計モデリングの研究を実践あるいは評価していくために知っておくほうが良いこと、注意すべきことについて考察した。

キーワード:統計モデリング、ベイズ推定、MCMC、確率的プログラミング言語、階層モデル