小川・三浦合同ゼミ2017夏

8/1に小川洋和研究室(実験心理学)と第3回合同ゼミを開催します.ゲスト参加(他ゼミ学部生,外部の方も)を歓迎します.

日時:2017年8月1日(火) 13時~

場所:F号館104教室

(1)小川・三浦ゼミの学生(各1名)による研究発表と議論(1時間×2) 13時~15時
高山博司(小川ゼミM1)
不安特性・嫌悪感受性が嫌悪プライミングによる不正行為の誘発に与える影響

人々の善悪の道徳的判断およびそこから生起する行動には、情動過程と推論・思考過程との両方が影響していると言われている。特に,嫌悪感情は我々の道徳的認知に特異的な影響を与えていることが示唆されてきた (Pizarro et al, 2011)。道徳違反に関するストーリー評定課題を用いた研究では,嫌悪感情は道徳的な判断を厳しくすることが示されている。しかし,仮定的なストーリー判断ではなく,実際の行動には嫌悪情動はどのように影響するのだろうか?今回の合同ゼミでは,卒業研究でおこなった不正行為の生起頻度に嫌悪情動が与える影響およびその影響と個人差との関連について検討した研究を報告する。

浦勇希(三浦ゼミ)
現代の多岐にわたるメディアを利用した自己開示とパーソナリティの様相

インターネットが普及する以前ではコミュニケーションの形態は限定的なものでしたが、普及してからはパソコンを利用したやりとりが可能になりました。しかしスマートフォンが普及してきた現代では、以前よりも更に簡単にインターネットを介したコミュニケーションを取ることができ、その形態は多岐にわたっています。私はこれまで、複数種のメディアを用いた自己開示の頻度と様々なパーソナリティの間にある関係性に注目して研究を行ってきました。今回の合同ゼミでは、これまで研究してきたことの報告と今後の展望についてお話させていただければと思っています。皆様からご意見をいただければ幸いです。

(2) 招待講演と討論 15時~
大坪庸介 先生(神戸大学)
道徳感情は連携罰を促進するか?

誰かが規範をやぶった場面を目撃すると道徳感情(道徳的怒り、道徳的嫌悪感など)が生起し、それが罰行動の至近要因になると考えられている。しかし、集団レベルの規範を維持するための罰行動は進化的な謎である。というのは、罰行動にはコストがかかるため、罰行使者よりもフリーライダー(規範は守るが規範維持のための罰行動はしない)の方が有利だからである。近年、この罰行使レベルでのフリーライダー問題を解決する戦略として連携罰という考え方が提唱された。連携罰は、みなが罰するなら自分も罰し、みなが罰しないなら自分も罰しないという条件つき罰戦略を採用することにより実現される。もし道徳感情が罰行動の至近要因であれば、道徳感情もみなが罰しそうなときには強くなり、みなが罰しなさそうなときには弱くなるというメカニズムがあれば条件つき罰戦略が促進されるのではないだろうか。今回の発表では、他者が特定の違反行動を非難しているかどうかの知覚により道徳感情の強さが調整されることを示した一連の研究を紹介する。

※ご発表では,「研究の裏側」的なエピソードも盛り込みながら,これから研究に着手しようとする院生・学部生にとって参考になるようにお話しいただきます.

(3) 懇親会 18時~

西宮北口駅付近を予定

終了後、西宮北口付近で懇親会を予定しています。懇親会への参加を希望する人は7月25日までに三浦までご連絡ください.ゼミのみの参加であれば事前連絡は必要ありませんが,学外の方はできれば事前にご連絡頂けるとありがたいです.

問い合わせ先:
小川洋和(hirokazu.ogawa[at]kwansei.ac.jp)・三浦麻子(asarin[at]kwansei.ac.jp)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

キャリアセミナーを開催しました

心理科学各論B・ゲスト講義

『心理学は仕事にどう活かせるか?~研究所の仕事を通じて~』

櫻木亜季子先生(日本能率協会総合研究所)

6月5日(月)13:30~15:00 文学部チャペル


学生のみなさんは、“研究所という会社で働くこと”に、どんなイメージをお持ちですか?「専門性が求められる」「やりがいが高い」「激務&ハード」「長時間労働」など、プラスマイナス両方のイメージがあるのではないでしょうか。今回は、実際の業務内容や組織の実態をお話しすることで、リアルなお仕事像を捉えていただき、研究所で働くことに関心を持ってもらえばと思います。

また、“大学で学んだことと仕事のつながり”について、どのように考えているでしょうか?こちらも、「学んだことを活かせるような仕事に就きたい!」「勉強は実際の仕事には役立たない!実践あるのみ!」など、いろいろな考えがあると思います。私自身の業務経験においては、心理学を学んだことは大いに有益だったので、この点は、具体的な事例を含めて紹介します。

加えて、私は、自社の面接官を務めています。これから(もしくは今まさに)就職活動を行うみなさんに向けて、一例ではありますが、面接官としてココを見ている!という点をお話ししたいと思います。

質疑応答の時間を設けますので、みなさんのご意見・ご質問を歓迎します。今回の時間を通じて、これからのキャリアを考えるための一助となれば幸いです。

櫻木亜季子先生・プロフィール

株式会社日本能率協会総合研究所 組織・人材戦略研究部 主任研究員

【略歴】
2002年 奈良女子大学文学部卒業
2004年 大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了(対人社会心理学研究室)
2004年 株式会社日本能率協会総合研究所入社(現職でのキャリア12年)
【主な業務内容】
民間企業、国・地方自治体より受託するアンケート調査を通じた、組織で働く従業員のモチベーション向上や風土改善のための課題提言・コンサルティング

当日は,文学部総合心理科学科・社会学部で心理学を学ぶ学部生・大学院生・教員50名が参加しました.櫻木さんからは,ご自身のライフ/ワークスタイルのご紹介も交えて,どのような仕事をなさっているのか,またそこにどのように心理学の知識やスキルが活きているのか,具体的なエピソードを例に挙げてお話いただきました.心理学を学ぶ途上にあっては「身につけて当然」とされる知識やスキルが,実社会でどう役立つのか,貴重な能力として評価されうるのか,ある程度はイメージがつかめたのではないでしょうか.櫻木さん,どうもありがとうございました.

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

論文刊行

下記の論文が『社会心理学研究』に掲載(第32巻3号予定)されました.J-Stageでどなたでも閲覧・ダウンロードが可能です.論文タイトルをクリックして下さい.

三浦麻子・稲増一憲・中村早希・福沢愛
地方選挙における有権者の政治行動に関連する近接性の効果:空間統計を活用した兵庫県赤穂市長選挙の事例研究

本研究では、日本の地方選挙における有権者の政治行動に対する候補者による選挙運動への近接性の効果を、空間統計を活用した手法で実証的に検討した。兵庫県赤穂市の市長選挙をフィールドとして、社会調査によって有権者の政治行動や政治的態度、および政治に対する意識を測定し、全地球測位システム(GPS)によって候補者の選挙運動の空間位置情報を測定した。有権者の候補者への好感度には、有権者あるいは近隣の他の有権者が選挙運動に接触した程度が正の関連を持っていたが,候補者との空間的な近接性は関連がなかった。一方、投票行動については、好感度を統制してもなお、有権者自身が選挙運動に接触している程度と候補者との空間的近接性の高さが、有権者をその候補者への投票に向かわせていた。空間統計の活用により、近接性の効果をより精緻に扱うことができる可能性が示唆された。

キーワード:地方選挙、空間統計、政治行動、選挙運動

三浦は研究統括および論文執筆を担当し,稲増は論文執筆を協働すると共に有権者対象の社会調査を主導し,中村は候補者の選挙運動データの収集を行い,福沢は空間位置情報データの分析を行いました.

※調査票と単純集計結果はこちらからご覧いただけます.

日本社会心理学会広報委員会による「論文ニュース」はこちら→「市長選挙を題材とした「投票行動×GPS×社会心理学」研究」

関西学院大学によるプレスリリースはこちら→「選挙運動が有権者の心理に及ぼす効果 候補者への好感度は高めないが投票には向かわせる」

朝日新聞デジタル・東京本社夕刊でご紹介いただきました→「選挙カーで名前連呼「得票に効果」 大学教授ら密着研究」

Academist Journalで論文を紹介させていただきました→「なぜ、誰に、投票するのか? – 地方選挙における選挙運動と有権者の心理との関係

神戸新聞でご紹介いただきました→「選挙カーで名前連呼、なんと得票効果 関学大研究」

朝日新聞全国版社会面でご紹介いただきました→「脱・連呼 選挙は変わるの?」

AERA.dotでご紹介いただきました→「選挙カーからの“あいさつ”に意外な効果 地方選挙では投票数が2倍に?」

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

「心理学ベーシック」シリーズ刊行開始

北大路書房より「心理学ベーシック」シリーズの刊行が始まります.心のはたらきを科学的に見つめるまなざしを養い,「自らの手で研究すること」に力点をおいた全5巻のシリーズです.

◎シリーズ監修 三浦 麻子◎
第1巻 なるほど! 心理学研究法 三浦麻子 著
第2巻 なるほど! 心理学実験法 佐藤暢哉・小川洋和 編著 2017年秋刊行予定!
第3巻 なるほど! 心理学調査法 大竹恵子 編著 2017年秋刊行予定!
第4巻 なるほど! 心理学観察法 佐藤 寛 編著 2017年秋刊行予定!
第5巻 なるほど! 心理学面接法 佐藤 寛 編著 2018年春刊行予定!

第1巻『なるほど!心理学研究法』は,5月10日発売予定です.鮮度の高い事例や普遍的なハウツーを盛り込みながら,どの研究法にも共通する基盤的知識を解説しています.研究倫理も手厚く扱っています.実証に基づく科学としての心理学が「なるほど!」と理解できて,もっと研究したくなる入門書です.

こちらにサポートサイトを開設しました.読者の方々が,より詳しく幅広く学ぶための様々なサポート情報を提供します.

目次

「心理学ベーシック」シリーズ刊行にあたって
はしがき

序章 心理学とは何か

―第1部 心理学を「研究する」ということ―
第1章 心理学のなりたち:心理学史
第2章 研究の準備:心理学研究の基礎知識
第3章 研究の準備:先行研究の探し方

―第2部 心を「測定する」ということ―
第4章 研究の基礎:研究法概説
第5章 研究の基礎:人間を対象とする測定における諸問題
第6章 データの中身を知る:記述統計
第7章 データから対象を見通す:推測統計

―第3部 研究を「公表する」ということ―
第8章 研究倫理:研究者として「なすべきこと」
第9章 研究倫理:研究者として「やってはいけないこと」
第10章 研究倫理:モラル違反を抑止するシステム
第11章 研究成果の公表:心理学論文の書き方
[付録] 心理科学実験実習 レポート作成 チェックリスト
終章 よりよい心理学研究のために

引用文献/索 引

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

『実験社会心理学研究』編集長を拝命しました.

本日より日本グループ・ダイナミックス学会の機関誌『実験社会心理学研究』編集長を拝命しました.任期は2年間です.
副編集長の石井敬子先生と共に,国内研究の醸成・活性化を目指して,高いレベルの質とアクティブさを追究するべく取り組みます.

『実験社会心理学研究』J-Stageサイト

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

論文掲載決定

下記の論文が『社会心理学研究』に掲載(第32巻3号予定)されることが決まりました.

三浦麻子・稲増一憲・中村早希・福沢愛
地方選挙における有権者の政治行動に関連する近接性の効果:空間統計を活用した兵庫県赤穂市長選挙の事例研究

本研究では、日本の地方選挙における有権者の政治行動に対する候補者による選挙運動への近接性の効果を、空間統計を活用した手法で実証的に検討した。兵庫県赤穂市の市長選挙をフィールドとして、社会調査によって有権者の政治行動や政治的態度、および政治に対する意識を測定し、全地球測位システム(GPS)によって候補者の選挙運動の空間位置情報を測定した。有権者の候補者への好感度には、有権者あるいは近隣の他の有権者が選挙運動に接触した程度が正の関連を持っていたが,候補者との空間的な近接性は関連がなかった。一方、投票行動については、好感度を統制してもなお、有権者自身が選挙運動に接触している程度と候補者との空間的近接性の高さが、有権者をその候補者への投票に向かわせていた。空間統計の活用により、近接性の効果をより精緻に扱うことができる可能性が示唆された。

キーワード:地方選挙、空間統計、政治行動、選挙運動

三浦は研究統括および論文執筆を担当し,稲増は論文執筆を協働すると共に有権者対象の社会調査を主導し,中村は候補者の選挙運動データの収集を行い,福沢は空間位置情報データの分析を行いました.

※調査票と単純集計結果はこちらからご覧いただけます.

※論文最終稿はこちらからダウンロードできます.

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

小川・三浦合同ゼミ2017冬

3/10に小川洋和研究室(実験心理学)と第2回合同ゼミを開催します.ゲスト参加(他ゼミ学部生,外部の方も)を歓迎します

日時:2017年3月10日(金) 14時~

場所:F号館104教室

(1)大学院生による研究発表と議論(各90分) 14時~17時10分(予定)

発表者:中村早希(三浦ゼミD1)
【タイトル】複数源泉から複数方向の説得場面における態度変容プロセスの解明(1)
【要旨】これまでの実験では,複数人から異なる方向に説得を受ける場面においても,説得の2過程モデルによる説明が適用できる可能性が高いことを示しました。複数人から説得される状況では,被説得者は複数人の説得を同時に考慮し,説得者の属性や説得の論拠などの相対的な評価も説得に応じるかどうかの判断に使うと考えられます。しかし,現状の説得の2過程モデルのみでの説明では,こうした複数人から説得される場面特有の要因を考慮しきれていません。これからの実験では,説得者間の属性や論拠の違いが被説得者の態度変容プロセスに及ぼす影響に注目した実験を計画しています。皆様からご意見を頂けますと幸いです。

発表者:白井理沙子(小川ゼミM2)
【タイトル】社会道徳性嫌悪が私たちの知覚・認知処理に与える影響
【要旨】嫌悪感情は病原体や毒から生体を防御するために備わった原始的な反応であることが示唆されてきた (Rozin & Fallon, 1987)。しかし、嫌悪感情は人物の不道徳的な行為を観察することによっても喚起される。これまで、嫌悪感情生起の前提となる情報処理の過程に焦点を当て、生物進化の過程で獲得した嫌悪と、文化進化の過程で獲得したとされる社会道徳的な嫌悪に対する処理の違いを実験的に検討してきた。今回の合同ゼミでは、特に社会道徳的な嫌悪の対象が無意識下の処理過程や意識にのぼった後の注意処理・選好判断に与える影響を検討した研究を報告する。

ゲスト討論者:山田祐樹先生(九州大学基幹教育院),北村英哉先生(関西大学社会学部),武田美亜先生(青山学院女子短期大学),清水裕士先生・稲増一憲先生(関西学院大学社会学部)

※山田先生には当日午前中に第13回KG-RCSPセミナー(詳細下記)でご講演をいただきますので,こちらにも是非ご参加下さい.

※学外からのご参加も歓迎します.事前に三浦(asarin(at)kwansei.ac.jp)にご連絡いただければ幸いです.

(2)懇親会 18時~

西宮北口駅付近で開催します.懇親会への参加希望はなるべく早く(3/1までに)三浦(asarin(at)kwansei.ac.jp)までご連絡下さい.

問い合わせ先:小川洋和・三浦麻子

第13回KG-RCSPセミナー

日時:2017年3月10日(金) 11:10~12:40(予定)
場所:関西学院大学西宮上ケ原キャンパスF104教室
講演者:山田祐樹氏(九州大学基幹教育院)

【タイトル】認知心理学の周辺事態
【概要】どんな学問であれ,各研究者がそれぞれ独自に面白いと思うことを研究しているものである。一方で,その研究トピック選択には明らかな偏りも生じている。講演者は特に認知心理学における隙間市場をスヌーピングすることを好んできたのでそうした研究の紹介を行う。またさらに,研究トピックの偏好バイアスは研究結果の再現可能性問題やサイエンスコミュニケーションとも関連することを指摘する。これらのことを踏まえながら心理学の未来について参加者と議論したい。

※このセミナーは,公益社団法人日本心理学会サイエンスコミュニケーション研究会との共催です.

※学外からのご参加も歓迎します.事前に三浦(asarin(at)kwansei.ac.jp)にご連絡いただければ幸いです.


 

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

2016年度卒業論文発表会

2016年度三浦ゼミは,学部4年生12名が卒業論文を提出しました.1月23~25日におこなわれる口頭試問の練習を兼ねて,以下のとおり卒業論文発表会を行います.当日は,どなたでもご参加いただけますが,学外の方はあらかじめご一報いただけるとありがたいです.

卒論要約集PDFはこちらからご覧いただけます.

【日時】2016年1月19日(木) 13:30~16:50(予定)

【場所】関西学院大学西宮上ケ原キャンパスF号館306教室

【スケジュール】

13:30-13:45 坂下愛由美 広告表現が購買意図および商品評価に及ぼす影響-限定の魅力-

13:45-14:00 野村元由揮 自己決定性が資産運用時における投資家の満足度に及ぼす影響

14:00-14:15 松田幸恵 自己価値脅威が在日コリアンへのレイシズムに及ぼす影響

14:15-14:30 中柄美那 上司のダメ出しが部下に与える影響―職務満足度および精神的健康への効果―

14:30-14:45 陳艶美 在日中国人留学生の異文化適応

(休憩)

15:00-15:15 李 韓碩 ステレオタイプと目撃証言―犯罪に関するステレオタイプが目撃証言に及ぼす影響

15:15-15:30 高城健志 インターネット上の不適切行動に対する心理学的考察―リスク認知と自尊感情の観点から―

15:30-15:45 野田晃一朗 中央競馬におけるプロスペクト理論―人気の順位を基準にして―

15:45-16:00 伊藤迪 商品提示による単純接触効果―商品選択行動における提示時間の影響―

16:00-16:15 中村祐太 隠れたプロフィール型問題解決課題による過誤の測定―2種類の過誤の発生率の違いの測定を指標として―

16:15-16:30 沖西理志 ユーモアメッセージが駐輪行動に及ぼす影響―場面想定法を用いた検討―

16:30-16:50 総括

(当日やむをえない事情で欠席)

小松茜 印象形成における文字と音声の優位性

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

共著論文採択

以下の論文が,Journal of Experimental Political Science に掲載されることが決まりました.第1著者を小林哲郎さん(香港城市大学)とし,稲増一憲さん(関西学院大学社会学部・社会心理学研究センター)と3人の共同研究で,メディアの「プライミング効果」(メディアが報道するニュースは,議題設定機能を果たすだけでなく,視聴者(一般市民)が「重要な政治的争点は何なのか」を判断する際の基準の形成にも影響を与える)を実証した研究としてしばしば引用されるIyengar, Kinder, Peters, and Krosnick (1984)の実験1を追試したものです.結果はNull(原著で得られた統計的に有意な効果は見出されなかった)でした.

Kobayashi, T., Miura, A., & Inamasu, K. (2017; in press). Media priming effect: A preregistered replication experiment. Journal of Experimental Political Science.
[Final Draft] [Preregistration(OSF)]

Iyengar et al. (1984) discovered the media priming effect, positing that by drawing attention to certain issues while ignoring others, television news programs help define the standards by which presidents are evaluated. We conducted a direct replication of Experiment 1 by Iyengar et al. (1984), with some changes. Specifically, we (a) collected data from Japanese undergraduates; (b) reduced the number of conditions to two; (c) used news coverage of the issue of relocating US bases in Okinawa as the treatment; (d) measured issue-specific evaluations of the Japanese Prime Minister in the pretreatment questionnaire; and (e) performed statistical analyses that are more appropriate for testing heterogeneity in the treatment effect. We did not find statistically significant evidence of media priming. Overall, the results suggest that the effects of media priming may be quite sensitive either to the media environment or to differences in populations in which the effect has been examined.

研究知見の再現可能性検証のために,Preregistrationをした上で,なるべく厳密に(しかし現代日本の状況に合わせた)先行研究に従ったマテリアルを作成し,追試データを収集する,という手続きを誠実に履行してみた,という意味でも,よい経験になりました.なお,論文が公刊される際には実験データもDataverseで公開されるので,本研究の再分析や追試,メタ分析等の際は是非ご活用下さい.また,実験参加者募集の際はKG研究参加登録システムを活用しました.ご参加下さった皆様,ありがとうございました.

コレスポの小林さんもツイートしていますが,計画から実施,論文作成に至るまで,気心の知れた3人で楽しく(時に苦悩を共有しつつ)進めることができました.投稿から公刊までやや時間を要しましたが,こうして成果を世に問えることになり,本当によかったです.

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+

調査結果のご報告

2016年10月15日に開催された関西学院大学秋季オープンセミナー「対人コミュニケーションの心理学」にご参加いただいた方々を対象にご協力をお願いした「ふだんのお考えや生活に関する調査」について,簡単な報告書がまとまりましたので,調査票と共に公開いたします.

ご協力下さった197名の方々,どうもありがとうございました.

調査報告書

調査票

 

三浦麻子・稲増一憲(社会学部准教授)・村山綾(近畿大学国際学部)・田渕恵(日本学術振興会特別研究員PD)

Tweet about this on TwitterShare on FacebookPrint this pageEmail this to someoneShare on Google+