第6回KG-RCSP合同ゼミ(2/27)

KG-RCSP合同ゼミは,異なる学部の複数のゼミ(文 小川・三浦ゼミ,社 稲増・清水ゼミ)が集い,メンバーの研究発表と外部ゲストの講演を交えた「多様性と類似性の相乗効果」の場です.毎回,ゼミメンバーの発表に加えて,興味深い研究をしておられる「今,この人の話を是非聴きたい+学生たちに聴かせたい」と思える研究者をお招きして講演もしていただいています.聴講・議論への参加は,ゼミ内外.学部生/大学院生/職業研究者等々を問わず,どなたでも歓迎します.

【日時】2019年2月27日(水) 13:00-17:30
【場所】関西学院大学西宮上ケ原キャンパス F号館104教室

第1部:ゼミメンバーによる発表(2019年4月に博士課程前期課程に進学する予定の学生による研究発表)

13:10-13:35 小林穂波(小川ゼミB4) 自己に関する概念の変化が視覚的注意による情報選択に及ぼす影響
13:35-14:00 田島綾乃(稲増ゼミB4) オタクが持つメタステレオタイプによる趣味開示抵抗感の検討
14:00-14:25 長谷川凜人(三浦ゼミB4) うわさが実現することが感情及び行動に及ぼす影響―「白紙物語」が現実になるとき―
14:35-15:00 牧野巧(三浦ゼミB4) 欺瞞意図はコミュニケーション中の強調表現の使用頻度や聞き手の欺瞞検知に影響するか?
15:00-15:25 水野景子(清水ゼミB4) 人はなぜ罰が存在している公共財ゲームにおいて非協力をするのか―確率的に罰がある状況での非協力と損失の確率価値割引―
15:25-15:50 中越みずき(大阪市大B4) 責任帰属と生活保護に関する情報への接触が生活保護政策への賛否に及ぼす影響

第2部:招待講演

16:00-17:30 武藤拓之さん(日本学術振興会特別研究員DC1・大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程3年)

【タイトル】視空間イメージ操作研究への挑戦:多面的視点のススメ
【概要】視空間イメージの操作を支える認知メカニズムの解明は,認知心理学における古典的な研究テーマの1つである。視空間イメージの操作には,物体を回転させるイメージ (物体の心的回転) や,他者が見ている風景を想像する過程 (視空間的視点取得) などが含まれる。本講演では,始めに視空間イメージの操作に関する研究の大枠を説明した後で,講演者が行った2件の研究について詳しく紹介する。1件目は,自分とは異なる視点から見た物体の位置関係を把握する過程 (空間的視点取得) においてイメージ操作がどのように使い分けられるのかを実験的に検証した研究である。2件目は,文字の正像・鏡像判断課題 (心的回転課題の1種) を行うときの認知過程を説明する既存のモデルの正しさについて,ベイズ統計モデリングを利用して検証を試みた研究である。本講演を通じて,研究におけるロジックの立て方や,予想外の結果が得られたときのワクワク感,統計モデリングがもたらす新たな研究の可能性についてお伝えできれば幸いである。

詳細はこちら:http://www.kg-rcsp.com/jointseminar6th/

論文掲載決定

以下の論文が『心理学研究』に掲載されることが決まりました。

村山綾・三浦麻子 (2019). 日本語版道徳基盤尺度の妥当性の検証――イデオロギーとの関係を通して―― 心理学研究, 90(2).

本研究の目的は,5つの道徳基盤と個人との関連を測定する道徳基盤尺度(Moral Foundation Questionnaireの日本語版(金井, 2013)の妥当性の検証を行うことであった。研究1では,855名を対象として,Graham et al.(2011)の手続きを踏まえて妥当性を検討した。その結果,他のモデルよりも,5因子モデルの当てはまりが良かった。また、Ingroup, Authority, Purity得点の高さは,保守的な政治的立場と弱いながら有意な正の関連をもっていた。続く研究2では,470名を対象に再度MFQに回答を求め,再検査信頼性と,イデオロギーとの関係を通した妥当性の検証を行った。再検査信頼性についてはGraham et al. (2011)よりも低かった。イデオロギーとの関連を検討した結果,全体としてはHaidt(2012)の理論に沿う結果が得られたが、Purityとリベラル的イデオロギーの主張が正の関連を示すなど,一部一貫しない結果も得られた。日本語版尺度の利用に際して留意すべき点について論じた。

日本語版MFQは様々な研究で使われていますが,おそらくGrahamらの手続きに極力沿う形で妥当性を検証した論文はこれが最初だと思われます。論文最終稿はResearchgateからリクエストしていただけます。

監修書「心理学ベーシック」シリーズ完結

2017年5月より順次刊行されてきた監修書「心理学ベーシック」シリーズ(北大路書房)が,2019年1月11日の第5巻の刊行をもって完結しました.心のはたらきを科学的に見つめるまなざしを養い,「自らの手で研究すること」に力点をおいた全5巻のシリーズです.サポートサイトでは,各巻の読者の方々が,より詳しく幅広く学ぶための様々なサポート情報を提供しています.

第1巻 なるほど! 心理学研究法 三浦麻子 著

第2巻 なるほど! 心理学実験法 佐藤暢哉・小川洋和 著

第3巻 なるほど! 心理学調査法 大竹恵子 編著

第4巻 なるほど! 心理学観察法 佐藤 寛 編著

第5巻 なるほど! 心理学面接法 米山直樹・佐藤 寛 編著

シリーズサポートサイトはこちら

2018年度卒論発表会

【日時】2019年1月17日(木)11:10~15:50
【場所】関西学院大学西宮上ケ原キャンパス文学部本館2号教室
【プログラム】(発表5分,質疑10分)

11:20~11:40 内山可南子 Instagramと、承認欲求・自撮り・精神的健康などとの関連

11:40~12:00 杉岡莉乃 Twitter上にコミュニティを持つ人と性格特性との関連性の検討

12:00~12:20 齊藤七恵 Twitter上での自己呈示と性格特性との関連

12:20~12:40 顔海 外国語と母語が道徳判断に及ぼす影響―Geipel,Hadjichristidis & Surian(2015)の直接的追試実験―

(昼食・休憩)

13:40~14:00 田口宏仁 偽薬効果がもたらす心身状態とパフォーマンスの変化

14:00~14:20 田中伸治 部活動におけるスポーツ指導者の体罰についての調査

14:40~15:00 正岡大地 一般的信頼及び性格特性が信頼性判断に与える影響

(休憩)

15:10~15:30 長谷川凜人 うわさが実現することが感情及び行動に及ぼす影響―「白紙物語」が現実になるとき―

15:30~15:50 牧野巧 欺瞞意図はコミュニケーション中の強調表現の使用頻度や聞き手の欺瞞検知に影響するか?


※どなたでもご参加いただけますが,学外からのご参加については三浦まで事前にご連絡いただけるとありがたいです

※途中参加+退出自由です

「心理学研究の素朴な引用によって差別的言動を正当化する行為に 対する意見声明」の公表

今般,日本の大学,特に医学部の入学試験において,学力試験の成績の「調整」を試み,その際に,特定の属性(例えば,女性)に不利な扱いをしていた事例に関する,各大学からの「説明」「お詫び」が数多く公表されています。

こうした事例をふまえ,心理学研究の素朴な引用によって差別的言動を正当化する行為全般に,心理学者有志として断固抗議する声明を公表しました。

詳しくはこちらをご覧下さい。


メディアでの紹介記事:

朝日新聞「順大のコミュ力問題、心理学会も懸念「安易な論文引用」」

毎日新聞「順天堂大「コミュ力高い」は非科学的 心理学者らが抗議声明」

有料記事ですので私のコメント部分を抜粋します:「不適切な引用も,平均値で示される一般的傾向を個別事例に当てはめることも,ありがちだがやってはいけないこと.自戒も込めて言いたい.特に入試のような場面ではなおさらだ」

 

書籍刊行(分担執筆)

遠見書房から,以下の書籍が刊行されました.第14章「集合行動とマスコミュニケーション」を執筆しています.

野島一彦・繁桝算男(監修)・竹村和久(編)
公認心理師の基礎と実践 第11巻『社会・集団・家族心理学』
遠見書房

公認心理師資格取得のための学部必修科目「社会・集団・家族心理学」のテキストです.同様の企画は他社からも今後多く展開されますが,本書がもっとも早く出版されました.書籍全体の章構成はこちらをご覧ください.集合行動とマスコミュニケーションは,私の専門領域にストライク,というわけではないのですが,社会心理学や集団心理学的な観点から現実社会をどう捉えることができるか,を意識して書いたたつもりです.それを端的に示す章のまとめの部分をちょっぴり引用します.

集合行動やそれによる集合現象は,私たちが状況によっていかようにでも動かされることを示す最たる例である。「起こす」というより「起きる」ものであるだけに集合行動や集合現象のメカニズムに関する科学的な実証は困難だが,事例から学ぶべき点は多い。危機事態に多く集合現象が発生するように,日常とは異なる状況におかれることは人間の心理に強い影響力をもち,それによって秩序というタガが外されてしまうことがある。また,常にマスメディアからの情報過多な状況にあるなか,日常においても私たちを動かそうとする状況の力はより多様で強いものになっている。「常に賢明であれ」「軽挙妄動はしないように」と言うは易いが行うは難し,である。しかし,これを逆説的に考えれば,集合行動の中にこそ人間の本性を見て取ることができるということかもしれない。

第2回 犬山認知行動研究会議(ICBM-2)開催案内

第2回 犬山認知行動研究会議(ICBM-2)を開催します.

日時:2019年1月5日(土),6日(日)
会場:日本モンキーセンター(愛知県犬山市)
参加費無料,予約不要
主催:犬山認知行動研究会議実行委員会

Webサイト:https://sites.google.com/view/icbm-2/

犬山認知行動研究会議(ICBM;犬会)は,ヒトを中心とする動物の認知や行動にかかわる研究者が集う,情報・意見交換の場です.
2015年度まで開催されていた犬山比較社会認知シンポジウム(ICS2)を出発点とし,昨年度から現在のスタイルに模様替えしました.
第2回となる今回は,社会心理学を含む26件の研究発表が予定されています.大変刺激的な場となること請け合いです.新しい年を刺激的な議論で始めませんか.

問い合わせ先
友永雅己(京都大学霊長類研究所) tomonaga.masaki.4m@kyoto-u.ac.jp
三浦麻子(関西学院大学文学部・大阪大学大学院基礎工学研究科) asarin@kwansei.ac.jp

論文公刊

下記の論文が掲載された『心理学評論』61巻2号が刊行されました。

中村早希・三浦麻子
説得の2過程モデルの複数源泉・複数方向状況への適用
心理学評論, 61(2), 157-168.

日常生活場面では,たとえば選挙や商品購買などの際に,複数の説得的メッセージの発信源から複数方向の説得を受けることがよくある。本稿では,こうした場面における受け手の態度変容プロセスの解明に向けて,説得の2過程モデルをベースにしつつ,この状況の特徴を踏まえて議論する。説得の2過程モデル(たとえば,Chaiken ( 1980 ) やChen and Chaiken ( 1999 ) のヒューリスティック・システマティックモデルやPetty and Cacioppo ( 1986a ) の精査可能性モデル)は,単一源泉・単一方向の説得場面を想定しているため,複数源泉・複数方向の説得状況にそのまま適用することはできない。そこで,こうした状況に特有のプロセスとして,複数の説得的メッセージを同時に考慮することに注目し,これが受け手の態度変容に及ぼす影響に関する仮説モデルを,具体的な実証実験デザインとその予測を交えて提示する。これらの議論に基づいて,複数源泉・複数方向の説得状況に注目した態度変容プロセスの解明に取り組むことの意義と今後の展望を論じる。

キーワード:複数源泉・複数方向の説得状況,説得の2過程モデル,複数の説得の同時考慮,説得の順序効果,加算・バイアス効果,減弱効果

論文PDFはこちらからダウンロードしていただけます。詳細については第1著者の中村までお問い合わせ下さい。

論文掲載決定

下記の論文が『社会心理学研究』34巻3号(2019年3月公刊予定)に掲載されることが決まりました。

中村早希・三浦麻子 (2019; in press).
2者から異なる方向に説得される状況での被説得者の認知資源と態度変容プロセスの関連の検討. 社会心理学研究, 34(3).

要約
本研究は、複数源泉・複数方向の説得状況における態度変容プロセスを解明すべく、その状況の最小構成単位である2者が異なる方向に説得する状況を設定し、ヒューリスティック-システマティックモデル (HSM) による態度変容プロセスの説明可能性を検証するものである。具体的には、説得的メッセージを提示する際の受け手の認知資源を制限することによって、ヒューリスティック処理あるいはシステマティック処理のいずれかがなされやすい状況を設定し、外集団成員の方が内集団成員よりも論拠が強いメッセージを提示した場合にそのどちらの説得に応じるかを測定した。認知資源を二重課題の実施(研究1)やメッセージの提示時間(研究2)によって制限した場合、そうでない場合と比較して、内集団成員の唱導方向へ、つまり好ましいヒューリスティック手がかりを持つ方向への態度が形成された。この結果は、複数源泉・複数方向の根幹のプロセスをHSMで説明できることを示している。

内容にご関心のある方は第1著者の中村早希までご連絡下さい。

招待講演「人を対象とする行動学研究における再現性問題」

2018年9月15日に電気通信大学で行われた情報処理学会エンタテインメント・コンピューティング(EC)2018で「人を対象とする行動学研究における再現性問題」と題した招待講演を行いました.当日の資料はここから閲覧・ダウンロード可能です.お招き下さり,どうもありがとうございました.

概要

ありとあらゆる科学(を標榜する学問)にとって,ある知見が信頼に足るものかどうかを確認するもっとも有力な手段は,一度得られた実験結果についてそれが再現できるかどうかを検証することである.こうした科学の再現性問題は,2014年初頭以来世間を騒がせていた「STAP細胞問題」によって,決して望ましい形だったとは言えないが,一般にも広く知られることとなった.心理学においても,これと同じ時期に,研究の信頼性の著しい低下につながるような,あるいはそれを疑わせるような出来事が相次いで起きたが,その原因の少なからぬ部分は,研究者たちが再現性検証の試みを軽視してきたことにあるとされた.本講演では,心理学のような人を対象とした行動学研究において,研究プロセスそのものに内在するものも含めた再現性を低からしめる問題としてどんなものがあるかを述べ,それらを解消するために現に行われている取り組みについて紹介する.